Sam Amidon
with String Quartet

サム・アミドン ウィズ ストリングカルテット

メンバー
Sam Amidon
根本理恵(violin)
めかる(violin)
角谷奈緒子(viola)
巌裕美子(cello)

現代フォーク&ルーツ音楽シーンで最も注目を集めるミュージシャンのひとり、サム・アミドンはヴァーモント州出身。

ギター、フィドル、バンジョーなどマルチな弦楽器奏者兼ボーカリスト/シンガーソングライターとして知られる。音楽歴は非常に長い。
両親のピーターとメアリー・アリスが共にフォークミュージシャンという環境から3歳からフィドルを始め、アイリッシュやアパラチアン・フォークなどの伝統音楽を生活のなかで吸収し両親との共演や、自身のグループで演奏活動を重ねていたという。

最初のレコーディング作品は2001年リリースのフィドル作品『Solo Fiddle』。
2007年を皮切りに幾つかのインディー・レーベルからフォーク作品を発表しているがなかでもビョークなどの仕事で知られるアイスランド人プロデューサー・ヴァルゲイル・シグルズソンと手掛けたフォークスタンダード集『All Is Well』(2007)や『I See The Sign』(2010)は高い評価を受けた。

サム・アミドンが世界的に注目を浴びるようになった切っ掛けは、ノンサッチから2013年『Bright Sunny South』をリリースしてからだろう。
アメリカーナ音楽の総本山といえるレーベルからトラッド・ロック作品の名盤を手掛けたエンジニアのジェリー・ボーイズを招いて作られたサウンド面でも洗練された作品となった。
楽曲の多くは現代的な演奏で再解釈されたトラディショナルソングだが、ときにマライア・キャリーの楽曲を脱力感溢れるヴァージョンと聞かせたりと意外性も覗かせる。

続く『Lily-O』では再びシグルズソンとタッグを組みビル・フリゼールがゲスト参加したことでも話題になった。
古い民謡のカバー曲が圧倒的に多いサム・アミドンの作品だが『The Following Mountain』(2017)はほぼオリジナル楽曲で構成されドラマーにミルフォード・グレイヴス、ジミ・ヘンドリックスのパーカッションメンバー、ジュマ・サルタン、サックスにサム・ゲンデルと演奏陣にも新たな要素が加わり、ソングライターとしても新たな一歩を築いた1枚だ。

最新作は2020年にリリースされた『SAM AMIDON』。再びトラディショナル楽曲とシャザード・イズマイリーとクリス・ヴァタラロと長年プレイしてきたメンバーとバート・クールス(ギター)、サム・ゲンデル(サックス)、ルース・グラー(ベース)、さらにはゲストボーカルとして妻でシンガーソングライターのベウス・オートンとサム・アミドン縁のミュージシャンを総動員。
より演奏の即興性や演奏者の化学反応などより偶然性と音の融合を追求したアプローチで多方面からも賞賛を受けている。

text by hideki hayasaka